「産後の骨盤矯正」というフレーズを妊娠中、産後に目に耳にする人は多いでしょう。

また産後に多い症状として
「ポッコリお腹が元に戻らない」
「お尻が大きくなった」
「以前に履いていたジーンズが綺麗にはけなくなった」
と嘆き、骨盤矯正を考える人もいるでしょう。

では、産後骨盤矯正と骨盤矯正との違いというのは何なのでしょうか。

産後骨盤矯正とは、字のごとく、妊娠・出産によって開いてしまった骨盤を正しい位置に戻すという事です。

骨盤矯正とは、日常生活によって歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すという事です。

産後すぐに病院から骨盤ベルトを渡すこともあるほど、産後の骨盤を戻すことは大事なのです。

では産後骨盤矯正はなぜ必要かというと、
本来、骨盤は産後3~4か月をかけて元の状態に戻ろうとするのですが、妊娠前から骨盤が歪んでいたり、出産をした事によって左右のバランスを崩してしまっていると、正常な位置に戻れなかったり、また、この間に足組、猫背、あぐらといった姿勢をとることで、さらに歪みをひどくさせてしまうなんて事もあります。

さらに産後骨盤矯正をしないとどうなるかというと、骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続く事で、骨盤底筋が硬くなり骨盤周辺の血流やリンパの流れが悪くなり、新陳代謝の低下、脂肪燃焼がうまくいかなくなる、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性、婦人科トラブル、更年期障害への影響といった体の不調を引き起こします

しかし、この時期は女性にとって綺麗になれるチャンスでもあります。

産後の半年はきれいになれるチャンス産後の骨盤矯正

産後2~6か月までの女性の靱帯は柔らかくしなやかなので、骨盤を正しい位置に戻す事が容易です。

さらに正しい位置に戻すことで、
内臓機能の回復による疲労改善、
骨盤機能の正常化による新陳代謝向上、
痩せやすくなる、
肌がきれいになる、
体型がスリムになる
といった効果があります。

ただし産後6か月を過ぎてしまうと、骨盤は閉じた状態になりますので矯正も大変になります。そうなる前に、こういった体の不調から身を守るためにも、産後骨盤矯正を産後2~6か月までに開始しておくのがおすすめです

産後骨盤矯正の施術はリジョイス整体院で柔道整復師という専門家が対応してくれます。